30代後半からのダイエット方法って?主婦猫チロのやせblog

ジンギスカン食べ放題?!羊肉ダイエットのやり方とは

calendar

reload

ジンギスカン食べ放題?!羊肉ダイエットのやり方とは

ラム肉などの羊の肉がダイエットにいいんです。
羊肉料理と言えばジンギスカン!また最近は火鍋とか、ラムチョップ煮込みなんかを提供するお店もありますね。

おすすめ度数


星4つ。
ラム肉の脂肪燃焼成分(L-カルニチン)を利用したダイエットです。
タンパク質をしっかり補給したい30代後半から40代には向いているダイエットと言えます。
ただし味付きジンギスカンのタレには糖質も多いので注意。

お肉をしっかり食べながらダイエットができるというのはどういうわけなのでしょうか。

スポンサーリンク

羊肉にはL-カルニチンが多いので脂肪を燃焼できる

肉にはほとんどすべてにL-カルニチンの成分が含まれていますが、その中でも多いのが羊肉です。
柔らかく脂ものっている子羊の肉が「ラム肉」で人気がありますね。
でも本当は大人の羊肉「マトン」のほうが、ラム肉の2倍以上のL-カルニチンが含まれます。
ラム肉100gあたりL-カルニチン80mgから100mg
マトン肉100gあたりL-カルニチン200mg
少々くせがあり、ラム肉と比べると固いため敬遠する人が多いですが、ダイエットのためならぜひマトン肉を選んでみましょう。

L-カルニチンは、脂肪と糖質を燃やす働きで知られています。
細胞内に脂肪酸を届けることにより、エネルギーの産生をアップさせ、脂肪燃焼効率を上げてくれるという働きです。
これが、羊肉はダイエットによいと言われる理由なんですね。
でもほかにも羊肉のおすすめポイントはいくつかあります。

ラム肉、マトン肉はコレステロールが低い

さらに牛肉や豚肉と比べて羊肉の優れているところは、コレステロールが低いところです。
さらに不飽和脂肪酸が多いため、すでに体内にあるコレステロールを減らすこともできます。
さらに鉄分豊富で女性の貧血対策としてもおすすめ。
こう見ると、いいところばっかりですね。

ラム肉ダイエットのやり方

これは、普段食べるお肉をラム肉に切り替えるようにするとダイエットになります。
つまり、ダイエット中に食べるお肉としてはラム肉がおすすめ。

カルニチンをダイエットのために摂る場合、一日に300mg程度は必要になります。
それで羊肉のラム肉で摂るなら300g以上、マトンなら150gほどを毎日食べると良いという計算になります。

ですが、たくさん食べるほどよいのかというとそうではないんです。
カルニチンは水溶性のため、体内に貯めておくことができません。
それでできるだけ毎日こまめに摂取することが必要です。

それにいくらヘルシーなお肉といっても、食べすぎることでカロリーオーバーになってしまう可能性も。
一日の摂取カロリーを超えすぎてしまうようでは、ダイエットにはなりませんので注意しなくちゃいけませんね。

しかもジンギスカンや焼肉で食べる場合、甘いタレを使いますので糖質の摂取が気になりますね。
ジンギスカンを食べるときは野菜をたっぷり先に食べ、その後でタレではなく塩コショウで焼いたラム肉を楽しむのがおすすめです。
(ただ・・・それだと「ジンギスカン」じゃなくて普通に焼肉になってしまいますね)

糖質制限ダイエットやMEC食を行うときのお肉を、ラム肉に変更してみるとさらに実感できるのではないでしょうか。
カルニチンだけを集中的に摂りたい場合は、カルニチン単体のサプリメントもありますので活用してみても。

まとめ

  • 羊肉はL-カルニチンの含有量が多いので他の肉より脂肪燃焼効果がある。
  • ラム肉よりマトン肉のほうが2倍以上のL-カルニチンを含む。
  • 毎日ラム肉なら300gから400gを食べるとダイエットに必要なL-カルニチン300mgを摂取できることになる。
主婦猫チロ
私は北海道育ちなのでジンギスカンにはなじみがあります。
北海道ではスーパーで普通にラム肉が売っているんですよ。(オージー産だったりしますが)
家庭でバーベキューするときにラム肉というのは定番なんですが、普段のおかずのお肉もできるだけラムやマトンに変えてみようと思います。

この記事をシェアする

書いているひと

主婦猫チロ

主婦猫チロ

食べること大好きで気づいたらおなかはぽよぽよ!万年ダイエッターと言われながら、少しずつでもダイエットを続けるために毎日調べて実行中。